DS版「狼と香辛料 ボクとホロの一年」をプレイしてみた。その1 (2010年記事再録)

 幻想自作がジャンルランキング72位までランクが落ちたのにエロゲレビュー記事です。

DS版「狼と香辛料 ボクとホロの一年」をプレイしてみた。

主人公は徒歩の行商人で、ある人物を故郷に戻すことを条件に荷馬車を手に入れることができた。

契約書にサインして、さあ荷馬車を確認だ!
って、どひゃあああぁぁぁぁ

いきなり全裸の美少女が登場して、魔女チェックならぬ、ホロチェックがスタートする。

ホロにタッチ
なんというフリーダム。
ソニーチェックならまず通らない。PSP版を作るにしてもソニーチェックで削除しなければならない部分は削除しないと発売できないと思う。というか、普通はZ指定だと思うのは漏れだけか?


狼と香辛料 ボクとホロの一年(初回限定版:「ホロのわっちボイス入り巾着」&「ホロが歌うキャラソンCD」同梱) 特典 文倉十氏描き下ろし「お嫁さんホロの等身大ポスター」付き

そんなわけで、狼と香辛料 ボクとホロの一年攻略Wiki
を読みながら順を追って攻略中。
まずは街を巡って噂の収集と金儲けに専念する。

噂の収集は各街の酒場(PUB)の店主と店員と客から、金儲けは当然行商人らしくモノを仕入れて別の街でモノを売らなければならない。
例えば「ミランド」で1つ24円のりんごを5つ買うと120円になる。それを「ノーリン」で売ろうとすると買取価格が1つ36円なので、5つ売ると180円になる。差し引き60円の儲け。
少ない稼ぎかと思うかもしれないが、「薄利多売」こそ商売の鉄則。変に商館でリスキーな話に乗ったりすると原作どおり詐欺師たちに“食われる”可能性が高いので、とにかく地道に交易商品表
を見ながら仕入れと目標の街への移動と売り出しを繰りかえす。
ホロから借りた借金を返し10,000円溜まったら、クライシュタインの骨董屋を訪ねて「古狼の森」の情報を聞き出そうすると10,000円を要求されるので、気前よく払うと「故郷への道」のフラグが立ちました。
これ以降、いろんな街へ行くと次々に「古狼の森」に関する情報と情報を持つ人々との出会いが発生する。・・・・・・ところまでをプレイできた。

年代記作家を探せ!

さあ、商人レベルのアップとホロをモノで釣って好感度を上げまくるぞ。
つづく

関連商品

狼と香辛料 ホロクッションカバー


狼と香辛料 ホロビッグタオル

↓   ↓   ↓
人気バナー
[人気ブログランキング]

幻想自作バナーおもろい記事やな。チェックせな。

広告
DS版「狼と香辛料 ボクとホロの一年」をプレイしてみた。その1 (2010年記事再録)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中