「ガンダム VS Zガンダム」攻略3 (2004年12月の過去記事再録)

ララァが生きているだけでこうも変わる (「ガンダム VS Zガンダム」2004年12月の過去記事再録)


機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム
機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム

1年戦争の史実だとアムロはグリプス戦役前まで連邦に軟禁され、エゥーゴに解放されてもシャアとの確執から二人共闘での活躍は少なかった。

原因はララァにあり、「逆襲のシャア」でもアムロとシャアは死の間際までララァの取り合いで口論しているもんだから相当根深い。こんなんで地球は滅亡の危機に直面したのだからある意味、宇宙世紀の歴史にとってはいい迷惑だ。

ところがソロモン宙域でわざとララァの乗ったエルメスを攻撃せずにザコ敵倒してクリアし、ア・バオア・クー戦までララァが生きているとアムロはコロッとシャアの同志になってしまうのである。

おそらくア・バオア・クー内でこのような会話が交わされたに違いない。

シャア「アムロ、同志になれ!」

アムロ「うん、なる!」

ララァとセイラ「えええ~っ!!! そんなんでいいの」

ほとんどギャグだが、だからこそのifを楽しむ宇宙世紀モードである。

グリプス戦役、つまり「Zガンダム」での主役はカミーユだがララァ生存のままのアムロルートだと、アムロがガンダムに乗ったままガンダムMk-IIを奪取する作戦から戦役が始まってしまう。アムロがティターンズのザコMSを撃破するたびにクワトロ(シャア)は…

「まだまだ健在だな」

「これほど心強い味方はいない」

などと激励する。実際、ガンダムをチューンナップしていけばまでグリプス戦役のMS以上に活躍できるのだ。もうカミーユの出番なし。だからこのルートでは終始エマはティタンーズについたままだ。

さらにアポロ作戦でメッサーラに乗ったシロッコを撃破すると月のフォンブラウン市はティタンーズのものにはならず、キリマンジャロでフォウのサイコガンダムも撃破し、残存部隊を蹴散らすと、ティタンーズが滅亡してしまう。

その後、ジオンの残党が再び力をもりかえし、再びアムロはア・バオア・クーに向かう。

そこにはビグザムに乗ったドズルが待ち構えていた。だがガンダムのバズーカの前では地獄行く。

アクシズではサイコガンダムMk-IIに乗ったロザミィがいたが…

「かわいそうだが直撃させる!!」

んでラスボス戦。

アムロ「ああ、ハマーンというヤツだな」

アムロは敵の名前もうろおぼえ。

飛んできたキュベレイMk-IIを即効で倒し、ハマーン機を溝に追い込んでしまえば…

ハマーン「よくも、ずけずけと人の心に入ってくる!!」

アムロ「ああ…ララァの声が聞こえる」

会話が成立していないがハマーン機は撃破。宇宙の平和は守られた。

しかし…

さらなる選択肢が存在するのでは?

という訳で次回はエマさんルートを攻略する。

『ゲームの薬天堂』もよろしく!

広告
「ガンダム VS Zガンダム」攻略3 (2004年12月の過去記事再録)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中